一棟収益不動産販売

サービス内容

ちょうどいいリノベーションで収益性を改善します。

古くなるなど収益性が低下した一棟建物をUDATSUが一旦買い取った上で、最少限の投資でリノベーションを実施、テナントリースまで完了させます。その後、建物が安定稼動してから個人投資家に販売するという事業です。

不動産マーケットの現状

現在の不動産マーケットにある多くの物件は、新築時に最も評価され、時間の経過とともに劣化、流行の変化に伴って段々と陳腐化していきます。結果として、賃料を安くしていかないと入居率が下がり、空室率があがってゆきます。

平均的な内装の賃貸家賃イメージ図例:新築時の家賃が13万円の場合、25年後には平均すれば10.4万円に下落します。

OnCoの一棟リノベーションの特徴

「OnCo」の室内の特徴は、無垢の床、ステンレスのキッチン、塗装された壁など、味わいのある材料を出来る限り使って施工されていることです。時間の経過と共に醸成される「エイジング」という価値によって、賃料が向上することさえ起こりうる物件を目指しています。

低投資・高感度

カッコよいけど賃料が上がらないリノベーション。これが設計事務所がやりがちな間違いです。収益性とは関係のない投資は不動産の価値を落としてしまいます。UDATSUでは100万円の投資で、年間10万円以上高く貸せるようになる設備投資のみを提案します。

自社企画・施工によるローコスト体制(低投資)、賃料に影響する投資のみを行うプラン(高感度)は、自らも大家業を行い、自らのリスクで不動産投資を実行しているUDATSUならではの特徴です。

View All