2014.11.01 (Sat)

IKEAキッチンマイスターへの道(4)(リノベーション)

こんにちは。ご案内&現場助手の岡本です。IKEAのキッチン施工も今回で終わりです。実際に施工業者の組み立て。今回のキッチンはw1600程度の壁付けタイプですが施工には3人の職人さんが登場しました。
まず、キッチンを置く位置の墨出し。

その最中も他の職人さんがボックスを組んでいきます。やはり専用の業者さん、ところどころ説明書を見ながらもスムーズに組み立てていきます。

墨出しした場所に組み立てたボックスを設置していきます。ボックスを全て設置したら、ボックスどうしのゆがみがないか再度墨出しをして確認。

下のボックスが済んだら天板です。今回はオークの集成材のタイプにホウロウのシンクを設置する仕様をセレクトしました。天板にシンクやコンロの穴を空ける位置を墨出し!なんと現場で穴をあけるのです。これは他のシステムキッチンとは違います。より失敗は許されないので、さらに慎重に穴の位置を墨出ししていました。そして穴をあけます。

穴の空いた天板をボックスの上に設置し、シンクをコンロを設置します。そして引き出しとうの部材をセット。これで専門業者の方の作業は終了。後日、水道工事業者が水栓や配水管を施工、ガス業者の方がガス栓をコンロに結ぶ。その後、キッチンパネルを壁に設置したり、レンジフードを取り付けたりなどの大工工事に進むのでした。
そして完成したキッチンです。手前にIKEAの作業台を置いたので作業スペース&収納も充実したキッチンになりました。

また、天板にワックスを塗るのをお忘れなく。こちらもイケアで購入できます。

現物のOnCo東砂の賃貸用物件で現在公開中ですのでご案内のご希望ありましたらおまちしております。盛り上がるキッチンになってます。では。

View All