2014.05.12 (Mon)

リノベーションの定義 その3(リノベーション)

リノベーションとは、古い建物が、あなたにとって革新的に使いやすく再生され、そこは、あなたらしさが満たされている空間であり、そして何よりも、あなたが愛着を持ち続けることができる改装、という意味なのではないかと思います。

【 合理的かつ割安なリノベーション 】

住む人が決まる前にリノベーションするやり方よりも、住む人の物件をその人のスタイルに最適なプランニングをするやり方の方が、よいリノベーションと言えるかもしれません。でも、先立つものは「予算」なり。。新築より中古+リノベが割安だ、とはいえ、2LDK、60㎡のマンションに800-1000万円までは支払いたくない、支払えない。でも、どうせマンションを買うなら、ありきたりの間取りはいやだ、自分の好きな空間で生活をしたい、と言う人たちのニーズはかなりのボリュームで存在する事がわかっています。ボクたちは、その人たちに向かってホワイトボックスをつくっています。一旦物件を買い取り、企画プランニング、現場管理、物件販売までをすべて自社で完結することでコストダウンを実現しています。図にするとこんな感じになります。

【 NO! やりすぎ感 がリノベのメインテーマ 】

そんな、ボクたちの潜在顧客に対して、一旦買い取った中古物件を、UDATSUプランのリノベを完成させてしまって、それを売りに行くわけですから、① 床は無垢 ② 天井は躯体顕し ③ 色はホワイトこのポイント以外は、デザイン、色づかい、間取りプランニング、など余計な作り込み、デザイン、こだわりなどの要素をなくすこと。様々な感性の潜在顧客の目線から、「やりすぎ」と感じられる可能性のある要素を排除することに力を注いでいます。

【 UDATSUのリノベーション 】

ホワイトボックスとは、専有部分の設備を全面的に刷新し、今のひとたちの生活にあった機能を新たに加える事。あなたが、室内は既に出来上がっている事を受け入れることが出来れば、割安な価格で手に入れられる、どこにでもあるリノベ物件とは一味違った物件です。そのリノベーションは、あなたの暮らし、生活を重ねるほどに白と無垢の空間が、その人のらしく色づけられてゆく、そんなキャンバスのようになりたい、との思いで作っています。

View All